ピアニスト南野陽子の「見聞録@ヨーロッパ」

音楽&文章によるコンテンツ工房をめざして♪

『「フィガロの結婚」序曲 〜ウィーンのカフェ〜』(モーツァルト)ピアノ&編曲・南野陽子

IMG_2567







YouTube動画はこちらをクリックして下さい♫


『「フィガロの結婚」序曲 〜ウィーンのカフェ〜』のYouTube動画をアップしています。

この曲はオーストリアの作曲家モーツァルト のオペラ「フィガロの結婚」序曲に、インスピレーションを受けてアレンジしました。

オペラの幕が開くときのウキウキした感じをイメージして、楽しい感じの一曲に仕上げています♫


撮影場所はオーストリアのウィーン。

始めは20世紀オーストリアを代表するアーティスト・フンデルトバッサーがデザインした建物・美術館。美術館内のカフェでいつものようにコーヒー&ケーキを楽しみます。

続いて新鮮な果物や野菜の宝庫ロフス市場を歩いた後、最後はモーツァルトにゆかりのある建物を訪れます。

お楽しみ下さい♫


 

『夢想/ドビュッシー/〜ウィーンのカフェ〜』ピアノ&編曲・南野陽子

IMG_2507







YouTube動画はこちらをクリックして下さい♫

『夢想〜ウィーンのカフェ〜』のYouTube動画をアップしています。


『ウィーンのカフェ』シリーズの24曲目は、フランスの作曲家ドビュッシーの「夢想」をアレンジした作品。

甘美な旋律と幻想的な雰囲気に満ちた、穏やかでリラックスしたひと時に寄り添う一曲に仕上げてみました。


撮影場所はヨーロッパ・オーストリア「音楽の都ウィーン」。

歴史ある街並みや、午後のひと時を過ごすカフェで、本場の美味しそうなケーキやコーヒーが登場します♫



 

『紫陽花(あじさい)の思い出 〜東京くつろぎ時間〜』ピアノ&作曲・南野陽子/YouTube動画

IMG_2436







YouTube動画はこちらをクリックして下さい♫

『紫陽花(あじさい)の思い出 〜東京くつろぎ時間〜』のYouTube動画をアップしています。


場所は、都内で訪れたどこか懐かしいレトロな古民家風のお屋敷。

素朴で緑豊かな癒しの風景と共にお楽しみ下さい。



『東京くつろぎ時間』は、東京のふとした日常のひと時、何気ない情景を、穏やかな旋律で奏でるリラックス・サウンド・シリーズです。

『紫陽花(あじさい)の思い出』は、雨の日の紫陽花に出会うと思い出す、切ない気持ちをしっとりとした旋律で表現してみました。



 

『紫陽花(あじさい)の思い出 〜東京くつろぎ時間〜』ピアノ& 作曲・南野陽子


IMG_2386












『紫陽花(あじさい)の思い出 〜東京くつろぎ時間〜』を音楽配信でリリースしています。


『東京くつろぎ 時間』は、オリジナル曲による新しいシリーズです。

東京のふとした日常のひと時、何気ない情景を、穏やかな旋律で奏でるリラックスサウンド…みたいなイメージ♫

『紫陽花(あじさい)の思い出』は、雨の日の紫陽花に出会うと思い出す切ない気持ちを、しっとりとした旋律で表現してみました。


雨の日のオウチ時間や、雨宿りで立ち寄ったカフェなどで、聴いていただけたらうれしいです♫


【音楽配信のリンクはこちらをクリックして下さい】

 

『トロイメライ(シューマン) 〜ウィーンのカフェ供繊戰團▲&編曲・南野陽子・GYAO配信動画

IMG_2365













今日から『トロイメライ(シューマン) 〜ウィーンのカフェ供繊戮瞭芦茲GYAOで配信しています。

GYAOは登録なしで、どなたでもすぐに視聴していただける動画配信サービスなんですよ!

ウィーンのカフェや街並み、コーヒーやケーキも登場するのでお時間のある時に観ていただけたらうれしいです♫

【GYAOの動画はこちらをクリックして下さい。】
注・動画は短い広告の後、すぐに再生されます。音声が鳴らない場合はスピーカーをオンにして下さいね。




 

『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 8 』南野陽子・南野利明(著・写真)

気まま8 Master






















ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 8 (Audeo International)


この表紙の建物、なんだか色とりどりで変わった形をしていると思いませんか?

なんと!ウィーンの市営住宅なんですよ!

今回の『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り』8巻では、このアパートを設計したオーストリアのアーティスト、フンデルトヴァッサーが残した建物を中心に街歩き&カフェ巡りします。



【アマゾンの内容紹介より】

ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。

この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。
 


シリーズ8では、20世紀オーストリアを代表するアーティストのフンデルトヴァッサーがウィーンに残したユニークな建物を訪ねて回り、自作品の美術館内にあるアート心あふれるカフェにも寄ります。そして彼を含め有名アーティストも常連客に名を連ねるカフェ・ツァルトルでウィーン伝統料理やスイーツをゆっくり楽しみます。
 

その後はウィーン3区に残るベートーヴェンやシューベルト、哲学者ヴィトゲンシュタインにゆかりの場所を眺めながら、のんびり街歩き。ウィーンフィル演奏会でベートーヴェンの交響曲を聞いた思い出も。


また地元の人でにぎわうロフスマルクト(市場)に行ったり、すぐ近くにあるカフェ・ベネディクトで、地元で評判の美味しい朝食を楽しんだりします。今回も…ユルっと…ご一緒しませんか。 


 

ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 8 (Audeo International)






『トロイメライ 〜ウィーンのカフェ供繊戰團▲痢編曲・南野陽子

Traumerei  Master Jpeg










『トロイメライ 〜ウィーンのカフェ供繊戮魏山敘杰にてリリースしています。


今回は、新曲『トロイメライ』と、これまでのシングル全12曲の「ウィーンのカフェ」シリーズ2枚目のアルバムです。


『トロイメライ』はドイツの作曲家シューマンの「トロイメライ」にインスピレーションを受け、アレンジした作品です。

夢心地なメルヘンの世界をイメージし、穏やかでリラックスしたひと時に寄り添う一曲に仕上げてみました。お時間のある時にでも聴いて頂けたらうれしいです♫

【視聴はこちらをクリックして下さい】




 
最新のコメント
記事検索
プロフィール
 


Yoko Nanno
南野 陽子(なんの ようこ)
ピアニスト


クラシックのピアノを学ぶために、15歳でオーストリア・ウィーンのコンセルヴァトリウム(音楽院)に留学後、ドイツ・ミュンヘン音楽大学卒業。以後、フランス・パリ、オーストリア・ザルツブルグで研鑽を積み、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学で行われる国際サマー・アカデミーにてアシスタントとして後進の指導にあたる。

演奏活動、アルバム制作を経て、クラシック音楽の名曲をピアノ&シンセサイザーを用いて現代風にアレンジしたアルバム・シリーズ『ウィーンのカフェ〜Cafe in Vienna〜』を Apple Music, Spotify, amazon music,等各種音楽配信にて配信中。

トリオ・チルコ



帰国後、新しい形のヒーリング音楽「アクティブ・ヒーリング」を体現するアルバム「ザ・スピリット」を企画、プロデュース。「トリオ・チルコ」というユニット及び制作チームを発足させ、自らもピアニストとして演奏に加わった。


東京ベイの夜景
視聴はこちらへ







【ディスコグラフィー】
【お気に入りサイト】


  • ライブドアブログ