『青淵文庫』

 

先日、東京・王子の飛鳥山公園内の渋沢資料館で

企画展「渋沢栄一とアルベール・カーン」を観た後に

 

渋沢栄一に関する常設展示及び

同じ公園内にある青淵文庫(せいえんぶんこ・写真上)と

晩香蘆(ばんこうろ・写真下)を見学しました。

 

*青淵文庫と晩香蘆は毎週土曜日12:30〜15:45に見学可能です。

 


『晩香蘆』

 

「曖依村荘(あいいそんそう)」と呼ばれ、

以前ここ飛鳥山に存在していた旧渋沢邸は

空襲により大部分が焼失してしまったそうですが

 

この2つの建物は焼失をまぬがれ

現在は国の重要文化財に指定されています。

 

いずれも当時の和洋折衷様式による

とても趣のある建物です。

 

 

私は渋沢栄一という人の存在を

今回この渋沢資料館を訪れるまで知りませんでした。

 

渋沢栄一は

幕末から近代にかけて活躍し

ヨーロッパで見聞した株式会社組織を

本格的に日本にもたらした人です。

 

彼はなんと約500にも上る(!?)

株式会社の創立・育成に力を尽くしたそうなんです。

 

資料館で彼の活躍の様子を観た時には

最近再び注目されている幕末から明治維新期の人々が持つ

「日本という国を良くしたい!」というエネルギーに似たものを

ひしひしと感じました。

 

そして…渋沢栄一が飛鳥山公園に残した

青淵文庫からは

彼が未来に正しく史実を伝えようとしていたこと

 

晩香蘆からは

精力的に世界の様々な人々と交流を持とうとしていた姿勢を

伺い知ることが出来ました。

 

私もこの渋沢栄一という人物の残したものに触れることによって

少しばかり時代に立ち向かう勇気とエネルギーを

もらったような気がしました!!