IMG_2127























ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 7 (Audeo International)


2020年はベートーヴェン生誕250年に当たる年で、ベートーヴェンが長年活躍した「音楽の都」ウィーンでは、それにちなむ様々なイベントが計画されていました。

残念ながら、4月中旬の今現在、世界的な新型コロナ・ウィルスの感染拡大により、どれだけ実現されるか不透明な状況です。

大好きなカフェも、政府指示の感染対策のため、お店を閉めたままの状況が続いています。早く事態が正常に戻り、また街歩きや、カフェ巡りが自由にできる日が、帰ってくるのを心から待ちわびています。


…というわけで、ウィーンに限らず、普通に街歩きやカフェでくつろいでいられる…

そういう当たり前の「ささやかな幸福」のありがたさを、執筆しながら強くかみしめることになりました。







(Amazonの内容紹介より)

ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。

この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。

街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。
 


シリーズ7の前半はウィーンの街中を、ベートーヴェン記念館となっているパスクアラティハウスを訪れた後、すぐそばにあるシューベルトのエピソードが残るドライメーデルハウス、映画『第三の男』名シーン撮影場所と歩きます。

ウィーン大学本部、ブルク劇場では各々ガイドツァーに参加してクリムトの天井画等を鑑賞。そしてウィーンを代表する老舗カフェ・ラントマンで伝統のスイーツ&コーヒーをたっぷり楽しみます。

 後半はウィーン近郊の温泉保養地バーデンへの気軽な日帰り旅行を楽しみ、モーツァルトやベートーヴェン、ウィーン・オペレッタの作曲家達ゆかりの場所を訪れます。バーデンの老舗カフェ・ツェントラル、カフェ・コンディトライ・レーナーでは心温まるサービスのランチ&スイーツを満喫します。今回もユルっと
ご一緒しませんか。



 




ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 7 (Audeo International)