トリノ・エジプト展

 

東京・上野の東京都美術館で

トリノ・エジプト展が開催されています。

 

「アメン神とツタンカーメン王の像」を始めとする

イタリア・トリノのエジプト博物館にある古代エジプト・コレクションが

日本では初公開されているんですよ!!

 

「イタリア・トリノの古代エジプト・コレクション??」

と不思議に思われた方もいると思いますが、

ヨーロッパは古代エジプト・コレクションの宝庫として知られています。

 

ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館、

ベルリン国立エジプト博物館、そして今回のトリノ・エジプト博物館

など、「まあ〜よくぞこれだけエジプトから持ち帰ったものだな‥」

と感心するくらいにおびただしい量の美術品が展示されています。

 

この博物館のコレクションは、

19世紀にナポレオンのエジプト遠征に従軍した外交官兼エジプト学者

ドロヴェッティの収集品を中心に創設されているそうです。

 

日本にいるとヨーロッパもエジプトも

とても遠いところに感じてしまいますが、

逆にヨーロッパとエジプトは地理的にも近くて関係も深いということが

こんなことからも感じられるのではないでしょうか。

 

トリノ美術館では、米アカデミー賞受賞美術監督ダンテ・フェレッティ

による幻想的な照明などの演出法が話題を呼んでいますが、

今回の日本での展覧会でもその手法が可能な限り

再現されているそうです。

 

この計算された照明による演出のおかげで、

特に大型彫像などを鑑賞する際に

とても神秘的な気分に浸ることが出来ました♪