『THEハプスブルク(ハプスブルク展)』

 

東京・六本木の国立新美術館で

THEハプスブルク(ハプスブルク展)が開催されています。

(12月14日(月)まで)

 

国立新美術館はスペースがゆったりとしていて

ゆっくり鑑賞出来るので

芸術の秋を堪能するのにピッタリだと思います。

 

この展覧会の見どころは

ヨーロッパに600年以上君臨したハプスブルク家の美術コレクションで

今回はウィーン美術史美術館とブタペスト国立西洋美術館が所有する

名作品を鑑賞することが出来るんですよ。

 

私も思い入れの深いベラスケスの作品が来日していたので

次回は音楽の話題と合わせてご紹介しますね♪

ハプスブルク展▲戰薀好吋垢肇薀戰襪痢慄瓦王女のためのパヴァーヌ』