ピアニスト南野陽子の「見聞録@ヨーロッパ」

音楽&文章によるコンテンツ工房をめざして♪

コンテンツの話

21世紀医療フォーラム

医療フォーラム

昨日は『21世紀医療フォーラム(日経BP社主催)』

出席して来ました。

 

今年から始まったこのフォーラムに

以前から医療関係のチャリティーコンサート等をしているご縁で

私もアドバイザーの一人として加えて頂いています。

 

今回は、席に着くなり私の目があるものに釘付けに…

そうです!!3D用と思われるメガネです!!

 

配られた資料に目を通すと

私のお隣に座っている高沖英二さんという方が

プレゼンされるとのこと。

 

「どんなプレゼンが行われるのかしら??」

と期待に胸が高鳴りました。

 

沢山の研究部会や貴重な提言がなされた後、

ようやくこの3D用のメガネを使っての

プレゼンが行われました。

 

私達がこのモニターを使って見たものは

Actioforma(アクティオフォルマ)という

最新の多次元医学生物学コンテンツでした。

 

このコンテンツは、

メタ・コーポレーション・ジャパンの代表取締役である高沖英二さんが

解剖における立体視の必要性を実感されたことから

制作に取り組まれてきたそうです。

 

心臓シュミレーターを始め、肩の解剖の立体視、

中心静脈の立体視の映像は

なぜかとても美しかったのが印象的でした。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロが

この映像を見たらさぞかし感動したのではないでしょうか‥。

 

これらの立体視の医学映像は

医学生や研修医の方の医学教育に

大いに役立つことが期待されているそうです。

 

はとバス「ハローキティ号」を発見!!

ハローキティはとバス

今日はビックリするようなはとバスを

発見してしまいました。

ハローキティはとバス2

なんと2階建てのハローキティ号です!!

 

そのこだわりは半端ではなく

バックミラーの部分までピンクのハローキティ仕様に

なっていました。

 

私の知る限りでさえ、ハローキティは海外でも

とても人気があります。

 

このハローキティ号には

日本人はもちろん、海外からの観光客も

さぞかし喜ぶことでしょうね♪

 

『ニューズ・マグ』で「ノマド(遊牧民)のまなざし」の連載を始めました♪

今日から『ニューズ・マグ「視点を変える」ニュースサイト』

『ノマド(遊牧民)のまなざし』という

連載を始めました。

 

本日より第1回〜プロローグ〜がアップされています!!

 

サイトを運営されている

ロンドン在住のジャーナリストの小林恭子(ぎんこ)さん が

コラムの内容にぴったりの

素敵な写真をフロントページに掲載して下さっています。

 

他にも小林さん他の映画評や書評など

とても魅力的な記事が既にアップされており

これからますます充実した内容になりそうなので

みなさん、ぜひサイトを読みに来て下さいね♪

 

2009年はコンテンツ創作に励みます!!

今日は私の今年の目標である

2つのコンテンツ創作についてです。

 

「コンテンツ」とは英語で内容や中身といった意味を持ち

今ではメディアや書籍、ウェブなどで展開される

 ̄覗(映画、テレビなど)

音(音楽、ラジオ番組など)

テキスト(文章、ニュース、文学など)

ぅ愁侫肇ΕД◆淵押璽爐覆鼻

などの創作物のことを表わします。

 

そして私が具体的に創作していきたいコンテンツとは

【音楽コンテンツ】

「具体的には新しい自分のアルバム(CD)制作です。」

【テキスト(文章)コンテンツ】

「こちらは今まで書いてきたコラムや連載を書き続けて

ゆくゆくはまとめて本にしたいと思います。」

の2種類です。

 

この目標を明確にするために

今日からブログのサブタイトルに

「音楽&文章によるコンテンツ工房を目指して」

と入れることにしました♪

 

私も新しいニュースサイトに参加します!(小林恭子さんの新しいニュースサイト)

今日はまず小林さんから教わった欧米のニュースサイトを

ご紹介したいと思います。

 

.▲瓮螢の独立系ニュースサイト

「ハフィントン・ポスト」

 

英ガーディアン紙のニュースサイト上にある

「コメント イズ フリー」

 

これらのサイトの共通点はいずれもジャーナリストだけでなく

様々な人々が書き手となって構成されています。

そして読者もコメントすることによって

一緒にサイトの場を作っているのだとか。

 

小林さんが立ち上げるニュースサイトも

このような形になるそうです。

 

この新しいサイトには

私も参加させていただく予定なので

音楽やヨーロッパについて

私なりの視点でお伝えしたいと思います♪

 

小林恭子さんについて(小林恭子さんの新しいニュースサイト◆

昨日のブログ記事でご紹介した

ロンドン在住のフリージャーナリストの小林恭子(ぎんこ)さんは

小林恭子の英国メディア・ウォッチというブログサイトを

2004年から書かれています。

 

小林さんのブログ・サイトは英国の様々なニュースを

現地でのジャーナリストならではの視点から

とても深く掘り下げています。

 

私はいつも「日本にはヨーロッパの情報が少ない」と思っていますが

イギリスの政治・経済についてこれだけ内容の濃いサイトがあるのは

心強い限りです。

 

その小林恭子さんが様々なトピックを広く扱う

新しいニュースサイトを来年1月をめどに作ることになりました。

 

独立系ニュースサイトは欧米では人気が出てきているそうですが

複数の書き手が一つのサイトを作っていくというのは

とても興味深い試みだと思います♪

 

ロンドンからのうれしいクリスマスプレゼント☆(小林恭子さんの新しいニュースサイト 

今年のクリスマスプレゼントで一番うれしかったのは

24日の朝に届いた一通のメールでした。

 

送り主はロンドンに住むフリージャナリストの小林恭子(ぎんこ)さんで

「新しいニュースサイトを立ち上げる準備をしています。

開始時期は来年の1月を考えています。」

と書いてありました。

 

私と小林さんはこの秋から交流を始めたばかりなのですが

小林さんのブログ記事に

「新しいニュースサイトを立ち上げてみたい」

と書いてあるのを見た私は熱い応援エールを送っていました。

 

生意気だったかもしれませんが

私は頑張っている人を見ると応援せずにはいられない

性分なのです。

 

幸いなことに小林さんも

「南野さんにいい意味で背中を押された気分です。」

と言ってくれていたので

 

それ以来私はこのうれしい知らせが来るのを

首を長くして待っていたというわけです。

 

小林さんの長〜いメールの終わりには

「クリスマス前の慌ただしい時にすみません」

とありましたが

 

いえいえ、これは私にとっての

最高のクリスマスプレゼントです☆

 

*明日は小林さんのサイトやニュースサイトについて

書いてみたいと思います。

 

最新のコメント
記事検索
プロフィール
 


Yoko Nanno
南野 陽子(なんの ようこ)
ピアニスト


クラシックのピアノを学ぶために、15歳でオーストリア・ウィーンのコンセルヴァトリウム(音楽院)に留学後、ドイツ・ミュンヘン音楽大学卒業。以後、フランス・パリ、オーストリア・ザルツブルグで研鑽を積み、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学で行われる国際サマー・アカデミーにてアシスタントとして後進の指導にあたる。

演奏活動、アルバム制作を経て、クラシック音楽の名曲をピアノ&シンセサイザーを用いて現代風にアレンジしたアルバム・シリーズ『ウィーンのカフェ〜Cafe in Vienna〜』を Apple Music, Spotify, amazon music,等各種音楽配信にて配信中。

トリオ・チルコ



帰国後、新しい形のヒーリング音楽「アクティブ・ヒーリング」を体現するアルバム「ザ・スピリット」を企画、プロデュース。「トリオ・チルコ」というユニット及び制作チームを発足させ、自らもピアニストとして演奏に加わった。


東京ベイの夜景
視聴はこちらへ







【ディスコグラフィー】
【お気に入りサイト】


  • ライブドアブログ