ピアニスト南野陽子の「見聞録@ヨーロッパ」

音楽&文章によるコンテンツ工房をめざして♪

【新大久保コリアンタウン】

【新大久保コリアンタウン】『カフェーヨーフルト(YOFRUTTO)』〜韓国で人気のヨーグルトアイス♪

新大久保の韓国スイーツ『カフェーヨーフルト(YOFRUTTO)』

 

新大久保に

この春オープンしたばかりの

『カフェーヨーフルト』でちょっと休憩…

 

ここ『カフェーヨーフルト』では

韓国で人気のヨーグルト・アイスクリームが

食べられるんですよ!

 

 

『カフェ・ヨーフルト店内の様子』

 

カウンターで注文すると

写真のサーバーで

店員さんが盛り付けしてくれます。

 

 

『ブルーベリーのヨーグルトアイス』

 

上の写真は

私が注文した「ブルーベリー・ヨーフルト」。

 

ヨーグルトのさっぱり感と

アイスクリームのひんやり感が

ほど良くマッチしているだけでなく…

 

甘すぎず

ヘルシーな感じで

とても気に入りました!

 

 

これからの夏本番に向けて

リピートしちゃいそう…です♪

 

 

【新大久保コリアンタウン】『カントンの思い出』(その2)〜ボリューム満点の特選海鮮チヂミ

『カントンの思い出』のボリューム満点・海鮮チヂミ


『カントンの思い出』の「特選海鮮チヂミ」は

雑誌で写真を見た時から

 

そのふっくら焼き上がった様子が

あまりに美味しそうだったので…

 

お店を訪れる前から

とても楽しみにしていました。

 

 

写真の海鮮チヂミを見て下さい!

 

 

席に案内されて

早速注文した「特選海鮮チヂミ」ですが

 

 

驚いてしまうのは

この海鮮チヂミ…

これでハーフサイズなんです!?

 

 

盛り沢山な海鮮類は

フレッシュで歯ごたえがあって…

 

チヂミ生地は

サクサクと香ばしく…

 

期待を上回る美味しさ!!

 

 

あっっ…という間にたいらげて

大満足!!…でした♪

 

 

【新大久保コリアンタウン】『カントンの思い出』 船ントン…ドラム缶??の韓国料理屋さん

『カントンの思い出 新大久保』

 

新大久保にある

韓国路地裏食堂『カントンの思い出』でランチ!

 

 

「カントンの思い出」って…

 

カントンって聞くと

中国の地名(カントン=広東)みたい??

…と、最初は思ったのですが…

 

韓国語では

「カントン」とは「ドラム缶」を意味するんだそうです。

 

 

70年代の韓国では

ドラム缶を机に使用した飲食店が多くあり

 

ここ『カントンの思い出』も

それを再現しているとのこと。

(写真…机下のドラム缶に注目!!)

 

 

70年代の韓国なんて

知る由もない私ですが…

 

新しいお店にもかかわらず

レトロで懐かしい雰囲気の空間は

なんだか不思議に…心地良かったです♪

(続く…)

 

 

【新大久保コリアンタウン】コーヒープリンス2号店の韓国デザート『パッピンス』

『コーヒープリンス1号店』

 

今日は

新大久保のコーヒープリンスに

韓国デザート『パッピンス』を食べに行ってきました!

 

先日新大久保を訪れたのが週末だったので

どこのカフェもあまりにも混んでいたので断念…

 

「平日なら空いているかも…」

思ってトライすることにしたんです。

 

 

私が最初に訪れたのは

上の写真にある『コーヒープリンス 1号店』。

 

ここは韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』に

登場するカフェをイメージして作られたお店なんだとか。

 

平日にもかかわらず

ものすごい混雑ぶりに圧倒されて

またまた断念…

 

 

『コーヒープリンス2号店・3号店&K-POP LIVE』

 

次に私が向かったのが

少し先にある『コーヒープリンス 2号店』。

 

こちらのビルには2階に『コーヒープリンス 2号店』

3階に『コーヒープリンス 3号店』があり

 

どちらもスペースが比較的広いので

あまり長く順番待ちしなくても大丈夫でした。

 

 

…これでやっと『パッピンス』が食べられる♪♪

 

コーヒープリンス2号店で食べた・韓国スイーツ『パッピンス』

 


この写真のソフトクリームみたいな

パフェみたいなデザートが

『パッピンス』です。

 

写真だと少しわかりにくいのですが

下の部分に氷が沢山入っていて

韓国版『かき氷』みたいな感じも…。

 

ソフトクリームと

トッピングの小豆やバナナ、ラズベリーと

かき氷が混ざった部分がなんとも新鮮な食感で

 

食べ終わった後は

氷でヒンヤリ…という感じになるので

気温が上がれば上がるほどありがたいかも…。

 

私はソフトクリームが溶けちゃうのが心配で

一生懸命食べていたら

最後にかき氷部分が余ってしまったのですが

 

本当は最初に

グルグルにかき混ぜてから

食べるのが韓国風(?)みたいです…(笑)

 

 

それにしても…

新大久保コリアンタウンの活気はスゴイ!!

 

このコーヒープリンス2号店・3号店の入っているビルは

上の階で『K-POP LIVE』が行われていることもあり

周辺がとにかく沢山の人で溢れ返っていました。

 

新大久保では

『コーヒープリンス』以外にも

人気の韓国料理店などが

 

2号店、3号店…と、どんどん店舗を増やしていて

この活況ぶりはどこまで続くんでしょうか??…♪

 

 

【新大久保コリアンタウン】『マッコリの物語』〜生マッコリ&料理が美味しい「隠れ家」的韓国レストラン

『マッコリの物語』

 

 

新大久保にある韓国料理屋『マッコリの物語』では…

 

なんと生マッコリがこんな風に

やかん&おわんで出てきてビックリ!!

 

『やかんで出てくる生マッコリ』

 

…レトロな雰囲気が素敵で

なんだか、いきなり韓国に旅行したような

気分になりました…(笑)

 

 

私は生マッコリ(韓国のにごり酒)を

初めて試したのですが

 

思ったよりも…さわやかな酸味が

とても新鮮で美味しかったです!!

 

 

海鮮チジミ

 

マッコリには

チヂミがオススメ!とのことで

上の写真の「海鮮チヂミ」と…

 

キムチチーズチジミ

 

こちらの「キムチチーズチヂミ」を

注文したのですが…

確かに相性バッチリでした!!◎

 

 

そして韓国料理といえば…

やはり焼き肉ですよね〜

…というわけで今人気の「サムギョプサル」を注文!!

 

『サムギョプサル』

 

表面はカリッカリに香ばしく焼けているのに

中は柔らかくてジューシー!!

 

お店の人が丁寧に焼いてくれて

しかもハサミでひと口サイズにカットまでしてくれるので

女性にも…とても食べやすいんです。

 

セットされているサンチュに包んだり…

お味噌をつけたり…キムチやネギサラダと合わせたり…

味の変化を思う存分楽しんじゃいました!!

 

 

この『マッコリの物語』というお店は…

 

お料理が美味しいだけでなく

お店の中のレイアウトがゆったりとしているせいか

 

なんだか「隠れ家」…みたいな雰囲気で

くつろぎながらお料理やマッコリを楽しむことが出来て

大満足!!…でした♪

 

 

【新大久保コリアンタウン】ここはまるで韓国!?熱い韓国ブーム@東京

『マッコリの物語』

 

日曜日に

久しぶりに東京・新大久保駅周辺を訪れたのですが

 

以前に比べてものすごく変貌していたので

ただただビックリ!!…してしまいました。

 

 

なんといっても一番驚いたのは…

 

「ここは渋谷か原宿だっけ??」

と勘違い(?)してしまいそうなくらい

街中が若い女の子だらけになっていたこと…(笑)

 

 

以前の韓流ブームといえば

韓流ドラマのファンなどを中心に

もっと年齢層が高めだったように思うのですが

 

今の韓国ブームは

このところ日本の音楽シーンをにぎわしている

少女時代、KARAなどK-POPの影響も大きいみたいで

 

「新大久保の竹下通り」と最近呼ばれている路地を中心に

10代後半から20代くらいの若い女の子達が

屋台の食べ歩きやショッピングを楽しんでいました。

 

 

お洒落な感じのお店が

驚くほど沢山増えていたのも

印象的でした…

 

美味しそうな韓国料理店や屋台はもちろんのこと

韓国風カフェやスイーツのお店

ブティック、グッズショップなどもあったので

 

また近いうちに

遊びに行ってみようと思います。

 

 

冒頭の写真は

この日、私が訪れた『マッコリの物語』という

韓国料理屋さんです。

 

マッコリ、サムギャプサル…とても美味しかったので

このお店については

また次回にでも書きますね♪

 

最新のコメント
記事検索
プロフィール
 


Yoko Nanno
南野 陽子(なんの ようこ)
ピアニスト


クラシックのピアノを学ぶために、15歳でオーストリア・ウィーンのコンセルヴァトリウム(音楽院)に留学後、ドイツ・ミュンヘン音楽大学卒業。以後、フランス・パリ、オーストリア・ザルツブルグで研鑽を積み、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学で行われる国際サマー・アカデミーにてアシスタントとして後進の指導にあたる。

演奏活動、アルバム制作を経て、クラシック音楽の名曲をピアノ&シンセサイザーを用いて現代風にアレンジしたアルバム・シリーズ『ウィーンのカフェ〜Cafe in Vienna〜』を Apple Music, Spotify, amazon music,等各種音楽配信にて配信中。

トリオ・チルコ



帰国後、新しい形のヒーリング音楽「アクティブ・ヒーリング」を体現するアルバム「ザ・スピリット」を企画、プロデュース。「トリオ・チルコ」というユニット及び制作チームを発足させ、自らもピアニストとして演奏に加わった。


東京ベイの夜景
視聴はこちらへ







【ディスコグラフィー】
【お気に入りサイト】


  • ライブドアブログ