ピアニスト南野陽子の「見聞録@ヨーロッパ」

音楽&文章によるコンテンツ工房をめざして♪

【ザルツブルク】

『2012年夏ザルツブルク音楽祭』のプログラム♪






2012年夏ザルツブルク音楽祭の

公式プログラムが自宅に届きました。

開催期間が7月20日から9月2日までと

例年より一週間も長くなっていてビックリ!!



出演予定のピアニストは

バレンボイム、ポリーニ、ツィメルマン、ペライア、シフなど

いつにも増して懐かしい名前がずらり。


歌手では

ドミンゴやカレーラスの名前まであって

まるで私の学生時代(!?)のようです。(笑)



おまけに

今回はなんと…

9月1日にBALL(舞踏会)があるそうです。



う〜ん…なんとも優雅ですね♪♪


『ザルツブルク国際サマーアカデミー』〜2011年度無事終了&2012年の日程について♪

パラトーレ教授と教室で



『ザルツブルク国際サマーアカデミー』における

パラトーレ教授と私によるマスターコースの

2011年度日程が無事終了しました。


写真は

最終日にパラトーレ教授と一緒に

今年のレッスン室で撮ってもらったもの。


心なしか

二人ともホッとした表情です。(笑)




この日、

早くも2012年の日程が決まりました。


2012年のパラトーレ教授と私のマスターコースは

7月30日〜8月11日に予定されています。


2012年も

「ピアノ・ソロ」&「ピアノ・デュオ」の両方で

クラスを盛り上げていきたいと思います♪


『ザルツブルク音楽祭2011』モーツァルテウムでピリス(ピレシュ)のモーツァルトを味わう♪

『モーツァルテウムの大ホール』



8月12日(金)は

ケント・ナガノ&カメラータ・ザルツブルクの

コンサートでした。


写真は

モーツァルテウムの大ホールの様子。



マーラー・シリーズの

コンサートとはいうものの


前半はIVES&HARTMANNの作品で

マーラーの作品は後半のアダージェット一曲のみ。



その後は

私がとても楽しみにしていた

マリア・ジョアン・ピリス(ピレシュ)がピアノ独奏の

モーツァルトピアノ協奏曲B-Dur KV595でした。



ミュンヘン音大の大先輩

ピリスのモーツァルトを聴くのは

久し振りだったのですが


最初の一音から

美しくも主張のある音に

あっという間に惹き込まれてしまいました。



『ピレス&ケント・ナガノ』


終演後に

隣の席のフランス人のご婦人から


「あなたもピアニストなんでしょう?

ものすごく真剣に聴いていたから…」

と声をかけられてしまいました。


確かにこの曲は

私のレパートリーなんですよね…(笑)



モーツァルトの生地ザルツブルクで

珠玉のモーツァルト演奏が聴けて

とても充実した気分でした♪


『ザルツブルク国際サマーアカデミー』〜受講生によるコンサート♪

Paolo&Ileana



『ザルツブルク国際サマーアカデミー』では

受講生によるコンサートが数多く開催されます。



写真は

私達のクラスの受講生による

コンサートの様子。



受講生の本番を聴きにいくのは

ある意味自分が演奏するより緊張するので…

演奏が終わるとほっとします(笑)♪



『ザルツブルク国際サマーアカデミー』〜旧校舎のコンサートホール(Wiener Saal)♪

大学内のホール



写真は

モーツァルテウム音楽大学の旧校舎にある

「Wiener Saal(ヴィーナー・ザール)」と呼ばれるコンサート・ホール。



ドイツ語で「ウィーン風のホール」という名前のついた

このクラシックなタイプのコンサートホールは

とても音響が良いのが特徴で


私も学生の頃に

演奏させてもらいましたが

その響きに感動したのを覚えています。



写真には写っていないのですが

このホールには

昔ながらの2階席もあって

とてもお洒落な構造になっているんですよ♪


『ザルツブルク国際サマーアカデミー』〜レッスン室のピアノについて♪

『新しいレッスン室』



『ザルツブルク国際サマーアカデミー』が行われている

モーツァルテウム音楽大学のレッスン室のピアノ事情は

とても恵まれています。



『スタインウェイ』&『ベーゼンドルファー』



写真は私のレッスン室なのですが

左がドイツのスタインウェイ、

右がオーストリアのベーゼンドルファーという

ヨーロッパを代表する一流ピアノメーカーのもので


レッスンの時には

受講生が好きな方を選んで

演奏することが出来ようになっているんですよ!



…もっとも

ピアノデュオのレッスンの際には

二人とも同じピアノというわけにはいかないのが

ちょっと困るんですけどね…(笑)♪


『ザルツブルク音楽祭2011』アンナ・ネトレプコ&パッパーノ&サンタ・チェチーリア管弦楽団

アンナ・ネトレプコ



『ザルツブルク音楽祭2011』の8月8日は

アンナ・ネトレプコを聴きに行きました。


演目は

ハイドンの交響曲104番「ロンドン」と

ロッシーニの「スターバト・マーテル」。



ネトレプコは

実力派揃いのソリストの中でも


その独特の歌声と豊かな表現力で

圧倒的な存在感を示していました。




指揮&オケは

アントニオ・パッパーノ

サンタ・チェチーリア管弦楽団でしたが


パッパーノは

かなりの実力派ですね。



この日も

テレビの収録を兼ねた公演だったので

出演者の気合いがひしひしと感じられました♪



最新のコメント
記事検索
プロフィール
 


Yoko Nanno
南野 陽子(なんの ようこ)
ピアニスト


クラシックのピアノを学ぶために、15歳でオーストリア・ウィーンのコンセルヴァトリウム(音楽院)に留学後、ドイツ・ミュンヘン音楽大学卒業。以後、フランス・パリ、オーストリア・ザルツブルグで研鑽を積み、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学で行われる国際サマー・アカデミーにてアシスタントとして後進の指導にあたる。

演奏活動、アルバム制作を経て、クラシック音楽の名曲をピアノ&シンセサイザーを用いて現代風にアレンジしたアルバム・シリーズ『ウィーンのカフェ〜Cafe in Vienna〜』を Apple Music, Spotify, amazon music,等各種音楽配信にて配信中。

トリオ・チルコ



帰国後、新しい形のヒーリング音楽「アクティブ・ヒーリング」を体現するアルバム「ザ・スピリット」を企画、プロデュース。「トリオ・チルコ」というユニット及び制作チームを発足させ、自らもピアニストとして演奏に加わった。


東京ベイの夜景
視聴はこちらへ







【ディスコグラフィー】
【お気に入りサイト】


  • ライブドアブログ