ピアニスト南野陽子の「見聞録@ヨーロッパ」

音楽&文章によるコンテンツ工房をめざして♪

【電子書籍】

『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 8 』南野陽子・南野利明(著・写真)

気まま8 Master






















ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 8 (Audeo International)


この表紙の建物、なんだか色とりどりで変わった形をしていると思いませんか?

なんと!ウィーンの市営住宅なんですよ!

今回の『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り』8巻では、このアパートを設計したオーストリアのアーティスト、フンデルトヴァッサーが残した建物を中心に街歩き&カフェ巡りします。



【アマゾンの内容紹介より】

ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。

この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。
 


シリーズ8では、20世紀オーストリアを代表するアーティストのフンデルトヴァッサーがウィーンに残したユニークな建物を訪ねて回り、自作品の美術館内にあるアート心あふれるカフェにも寄ります。そして彼を含め有名アーティストも常連客に名を連ねるカフェ・ツァルトルでウィーン伝統料理やスイーツをゆっくり楽しみます。
 

その後はウィーン3区に残るベートーヴェンやシューベルト、哲学者ヴィトゲンシュタインにゆかりの場所を眺めながら、のんびり街歩き。ウィーンフィル演奏会でベートーヴェンの交響曲を聞いた思い出も。


また地元の人でにぎわうロフスマルクト(市場)に行ったり、すぐ近くにあるカフェ・ベネディクトで、地元で評判の美味しい朝食を楽しんだりします。今回も…ユルっと…ご一緒しませんか。 


 

ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 8 (Audeo International)






『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 7』南野陽子・南野利明(著・写真)

IMG_2127























ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 7 (Audeo International)


2020年はベートーヴェン生誕250年に当たる年で、ベートーヴェンが長年活躍した「音楽の都」ウィーンでは、それにちなむ様々なイベントが計画されていました。

残念ながら、4月中旬の今現在、世界的な新型コロナ・ウィルスの感染拡大により、どれだけ実現されるか不透明な状況です。

大好きなカフェも、政府指示の感染対策のため、お店を閉めたままの状況が続いています。早く事態が正常に戻り、また街歩きや、カフェ巡りが自由にできる日が、帰ってくるのを心から待ちわびています。


…というわけで、ウィーンに限らず、普通に街歩きやカフェでくつろいでいられる…

そういう当たり前の「ささやかな幸福」のありがたさを、執筆しながら強くかみしめることになりました。







(Amazonの内容紹介より)

ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。

この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。

街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。
 


シリーズ7の前半はウィーンの街中を、ベートーヴェン記念館となっているパスクアラティハウスを訪れた後、すぐそばにあるシューベルトのエピソードが残るドライメーデルハウス、映画『第三の男』名シーン撮影場所と歩きます。

ウィーン大学本部、ブルク劇場では各々ガイドツァーに参加してクリムトの天井画等を鑑賞。そしてウィーンを代表する老舗カフェ・ラントマンで伝統のスイーツ&コーヒーをたっぷり楽しみます。

 後半はウィーン近郊の温泉保養地バーデンへの気軽な日帰り旅行を楽しみ、モーツァルトやベートーヴェン、ウィーン・オペレッタの作曲家達ゆかりの場所を訪れます。バーデンの老舗カフェ・ツェントラル、カフェ・コンディトライ・レーナーでは心温まるサービスのランチ&スイーツを満喫します。今回もユルっと
ご一緒しませんか。



 




ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 7 (Audeo International)





『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 6 』南野陽子・南野利明(著・写真)


ウィーンの街歩きをして印象的だった場所、訪れた素敵なカフェについての電子書籍シリーズの第6巻です。


この本では、気ままにウィーンの街を散歩して、訪れたところで体験したこと、心に刻まれたことなどを…その時の気持ちを大切にしてつづってみました。

(以下はAmazonの内容紹介より)


ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。

ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。

19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。

ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。



この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。

街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。

オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。
 


シリーズ6では、かつてモーツァルトやベートーヴェンが演奏したエピソードが残る老舗カフェ・フラウエンフーバーでランチ&ケーキを楽しみます。

すぐそばにある「モーツァルト最期の家」があった場所、モーツァルトハウス(フィガロハウス)、ベートーヴェン&シューベルトゆかりの場所も訪れます。

大好きなモーツァルトのオペラ『ドンジョヴァンニ』をウィーン国立歌劇場で鑑賞した思い出も。


 

世界遺産シェーンブルン宮殿内のカフェ・レジデンツで名物ウィーン風アップルパイ作りの実演ショーを楽しみます。

同宮殿庭園内の絶景スポット「グロリエッテ」と建物内の美味しいケーキの宝庫カフェ・グロリエッテも訪れます。

庭園内にハプスブルク家が創設した世界最古の動物園でパンダ等カワイイ動物たちを楽しんだ後、園内のパワースポット、カイザー・パヴィリオンでランチ&ケーキ。

そして宮殿最寄りのオットー・ワーグナーが設計した皇帝のための駅舎も訪れます。


今回もユルっとご一緒しませんか。






『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 5 ベートーヴェンの散歩道〜ハイリゲンシュタット〜』南野陽子・南野利明(著・写真)

ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 5 ベートーヴェンの散歩道〜ハイリゲンシュタット〜 (Audeo International)

ウィーン気まま5表紙改1master春マイヤー




























ウィーンの街歩きをして印象的だった場所、訪れた素敵なカフェについての新しい電子書籍シリーズの第5巻です。

この本では、気ままにウィーンの街を散歩して、訪れたところで体験したこと、心に刻まれたことなどを…その時の気持ちを大切にしてつづってみました。




ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 5 (Audeo International)

 



ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。  

この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。



シリーズ5では郊外のハイリゲンシュタットでベートーヴェンゆかりの場所を巡り、2019年新たにユネスコ無形文化遺産に登録された伝統的スタイルの居酒屋「ホイリゲ」でワイン&食事を楽しみます。近くにある、世紀末建築の巨匠オットー・ワーグナーが設計に携わったドナウ運河の水門施設も訪れます。

また益々注目を集めているペトレンコ、ティーレマンが指揮するオーケストラ演奏会、特にティーレマン指揮ウィーン・フィルは公開リハーサルの様子もお伝えします。そして、初秋の味覚としてヨーロッパで人気のHokkaidoカボチャの話題と併せてウィーンの王宮内にあるカフェ・ホーフブルクでのランチ&秋のオススメ・ケーキを堪能したことも。今回もユルっとご一緒しませんか。





 

『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 4 』南野陽子・南野利明(著・写真)

ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 4 (Audeo International)

IMG_1466
































ウィーンの街歩きをして印象的だった場所、訪れた素敵なカフェについての新しい電子書籍シリーズの第4巻です。

この本では、気ままにウィーンの街を散歩して、訪れたところで体験したこと、心に刻まれたことなどを…その時の気持ちを大切にしてつづってみました。










ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。

この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。


シリーズ4では、本家カフェ・ザッハーで味わうザッハートルテ&おススメのウィーン料理を紹介。老舗のゲルストナーやカフェ・フンメルでもケーキや料理を楽しみます。ウィーン国立オペラの野外ライブビューイング&シェーンブルン宮殿でのウィーン・フィル『サマーナイトコンサート』をはしごして楽しんだ話も。ウィーン楽友協会では旬の演奏家達のコンサートを鑑賞。画家クリムトや作曲家ヴィヴァルディゆかりの場所も街歩きします。ユルっと…ご一緒しませんか。






『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 3 』南野陽子・南野利明(著・写真)

ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 3 (Audeo International)

ウィーン 気まま3 表紙最終稿2019-5-21























ウィーンの街歩きをして印象的だった場所、訪れた素敵なカフェについての新しい電子書籍シリーズの第3巻です。

この本では、気ままにウィーンの街を散歩して、訪れたところで体験したこと、心に刻まれたことなどを…その時の気持ちを大切にしてつづってみました。


 



【↓ Amazonの内容紹介ページより↓】


 
ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。


この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。


シリーズ3は、クリムトの大作ベートーヴェン・フリーズが鑑賞できるゼセッション(分離派館)、クリムト最後の家、ウィーン国立オペラの野外ライブビューイング、ウィーン・コンツェルトハウスでのピアノ演奏会、ワルツ王ヨハン・シュトラウスに関わる二つの博物館、クリスタルの名店ロブマイヤー、老舗紳士服店クニーチェの他、「デーメル」「ムゼウム」「シュヴァルツェンベルク」「ドーゲンホーフ」といったカフェも巡ります。ユルっと…ご一緒しませんか。

 

『ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 2 』南野陽子・南野利明(著・写真)

ウィーン 気ままに街歩き&カフェ巡り 2 (Audeo International)

ウィーン気まま2表紙画像最終稿2019年4月22日
























ウィーンの街歩きをして印象的だった場所、訪れた素敵なカフェについての新しい電子書籍シリーズの第2巻です。


この本では、気ままにウィーンの街を散歩して、訪れたところで体験したこと、心に刻まれたことなどを…その時の気持ちを大切にしてつづってみました。







【↓ Amazonの内容紹介ページより↓】

ヨーロッパでも「音楽の都」として有名なウィーン。ハプスブルク帝国の繁栄を今に伝える宮殿やミュージアム。19世紀末に花開いた世紀末文化がもたらした美術、建築、文学等の香りが色濃く漂う街並み。ザッハートルテに代表されるスイーツ。ウィーンの魅力は一口では言い表せません。


この街に長年かかわってきた夫婦が、その様々な魅力に出会えるよう、気ままに歩く街歩きエッセイ・シリーズ。街歩きの休憩にはユネスコ無形文化遺産でもある伝統的なカフェに寄ってグルメやスイーツも楽しみます。オリジナル写真を豊富に掲載し、訪れたことのない方にも旅行した気分で楽しんでもらえます。


シリーズ2はクリムト・ヴィラとシーレのアトリエ跡等、ウィーン楽友協会でのコンサート、ベルヴェデーレ宮殿内のブルックナー最期の家、ウィーン応用美術博物館(MAK)でのポスト・オットーワーグナー展&クリムトのマジック・ガーデン企画、華麗な世紀末建築リューディガーホーフ&カフェ、他に「ディグラス」「ゴールデック」といった老舗カフェも巡ります。ユルっと…ご一緒しませんか。




最新のコメント
記事検索
プロフィール
 


Yoko Nanno
南野 陽子(なんの ようこ)
ピアニスト


クラシックのピアノを学ぶために、15歳でオーストリア・ウィーンのコンセルヴァトリウム(音楽院)に留学後、ドイツ・ミュンヘン音楽大学卒業。以後、フランス・パリ、オーストリア・ザルツブルグで研鑽を積み、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学で行われる国際サマー・アカデミーにてアシスタントとして後進の指導にあたる。

演奏活動、アルバム制作を経て、クラシック音楽の名曲をピアノ&シンセサイザーを用いて現代風にアレンジしたアルバム・シリーズ『ウィーンのカフェ〜Cafe in Vienna〜』を Apple Music, Spotify, amazon music,等各種音楽配信にて配信中。

トリオ・チルコ



帰国後、新しい形のヒーリング音楽「アクティブ・ヒーリング」を体現するアルバム「ザ・スピリット」を企画、プロデュース。「トリオ・チルコ」というユニット及び制作チームを発足させ、自らもピアニストとして演奏に加わった。


東京ベイの夜景
視聴はこちらへ







【ディスコグラフィー】
【お気に入りサイト】


  • ライブドアブログ